第2回国連水と災害に関する特別会合における皇太子殿下基調講演  平成27年11月18日 アメリカ・ニューヨーク

人と水とのより良い関わりを求めて

1. はじめに

ここニューヨークの国連本部で開催される第2回「国連水と災害に関する特別会合」で基調講演を行う機会を与えていただきましたことを大変うれしく思います。

世界の災害の現状を見ると,最近5年間だけでも,2011年の東日本大震災や東アフリカの大干ばつ,2012年のハリケーンサンディ,2013年フィリピンのハイヤン台風や欧州中部での大水害,2014年のインドやパキスタンでの大水害,2015年の豪州や米西海岸での干ばつ,コロンビアでの土石流災害,ネパールでの地震災害,チリの津波,先々月の日本の鬼怒川や,先月の米国の南北カロライナ州での水害,毎年のように発生する小島嶼国でのハリケーン災害など,各地で多くの災害が発生しています。ここに改めて,こうした世界各地の災害で亡くなられた方々のご冥福をお祈りし,被災された方々に心からお見舞いを申し上げますとともに,被災された地域に一日も早く,より良い復興がなされることをお祈り申し上げます。

水は,人類共通の課題であり,私たちの未来にとって極めて重要なものです。今週は,この国連水と災害に関する特別会合を含め,私が名誉総裁を務める国連水と衛生に関する諮問委員会の最終会合など,様々な水に関する会合が開催される,「水に関する国連ハイレベル週間」であると伺っています。この週間を機会に,水と災害の問題を含めて,人と水との関わりの歴史やその教訓を振り返りながら,現在と未来の,人と水とのより良い関わりについて考えてみたいと思います。

2.人々の水に対する想い-日本と世界の文学から-

2.1 和歌における水と災害

2.2 世界の文学における水と災害

3.想いから行動へ-中世・近世の日本における人と水との関わりの発展-

3.1 中世における人と水との関わり-紀伊国田荘を訪ねて-

3.2 紀州流と関東流

4.想いを形にする新たな力‐21世紀の科学技術の発展と災害対策-

4.1 水と人と科学技術

5.人と水とのより良い関わりを求めて

宮内庁HPより

Follow me!