深は新なり・古壺新酒  安原葉

 この四字熟語は、虚子先生の造語だそうですが、私たち伝統俳句を旨とする者たちにとって俳句作りの原点であり、常に心に刻んでおくべき言葉ではないかと考えこの題名といたしました。
 どうかこれを機に会員の皆様が一層俳句に親しみながら研鑚されますことをご祈念申し上げますと共に、新しい会員づくり、仲間づくりにこの会報をお役に立てていただければ幸いと存じます。

Follow me!